冬から春にあると徐々に暖かくなりますが、気温差にやられて風邪を引く人も増えます。季節的に花粉症も流行して、自分の症状が花粉症なのか風邪なのかわからないときがあります。そんな時でも簡単に見分ける方法を解説します。

  • ホーム
  • 化繊を着用しツボを刺激して花粉症対策

化繊を着用しツボを刺激して花粉症対策

花粉症によって春になると辛い毎日を送らなければならない方というのは、全く対策を講じていないわけではありません。
今日においては、インターネットを利用すると花粉症に効果的な対策方法が豊富に見られるため、各々が情報収集を行い対策を講じているのです。
特に、着用する衣類を花粉が付着しない材質の化繊に限定するということが言われることは多く、高い効果があると言われています。
また、自宅や外出先でも容易に刺激することができるツボを刺激し、花粉症を緩和させるということも多くの人々が講じています。
しかし、化繊の洋服ばかりを身に着けていたり、時間がある時にツボを刺激していたとしても外出時に鼻や喉などから侵入してくる花粉を完全に防ぐ方法というのはありません。

そのため、漢方医学とは異なり薬物であるが故に人体には好ましくないと言えるものの、使用せざるを得ないのが薬剤です。
薬剤は大きく分類すると抗アレルギー薬とステロイド剤に分けられるため、使用に際しては事前に各々の特徴を理解しておくことが求められます。
抗アレルギー薬は、起こり得る副作用として倦怠感や眠気、喉の渇きなどが挙げられますが、ステロイドに比較した際副作用が起こる可能性は比較的低いということができ安全性は高めです。
ところが、効果を感じることができるまでには2週間を要することもあるため、花粉が舞い始める前から服用することが求められます。
一方、ステロイド剤は即効性と効果が高いとして評判が良いものの、長期間服用することにより副作用が起こりやすくなるとされています。
そのため、医師としっかりと相談をしながら常に服用するのではなく、必要に応じて飲むことが求められます。