冬から春にあると徐々に暖かくなりますが、気温差にやられて風邪を引く人も増えます。季節的に花粉症も流行して、自分の症状が花粉症なのか風邪なのかわからないときがあります。そんな時でも簡単に見分ける方法を解説します。

  • ホーム
  • 妊娠中の抗ヒスタミン薬(セチリジン)の使用について

妊娠中の抗ヒスタミン薬(セチリジン)の使用について

生活をする中で我々人間は様々な細菌やウィルスにさらされます。
人間には免疫がありますが、身体を守ろうとするあまり働きすぎてしまう事もあるのです。
それがアレルギー症状として現れます。
アレルギー症状の代表と言える花粉によるくしゃみや鼻水、目のかゆみに毎年悩まされる方は多いです。
本来花粉は無害なのですが、体の免疫は遺物と判断して過剰に働き、くしゃみや鼻水で体外に出そうと反応します。

花粉症対策としてのお薬は多く販売されていますが、代表的なヒスタミン薬は眠気などの副作用もありました。
そこで現在注目されているセチリジンです。
セチリジンは第二世代抗ヒスタミン薬に分類される後発薬であり、体内のヒスタミンを抑制する効果があります。
その効果は同じでくしゃみや鼻水といったアレルギー症状を緩和してくれます。
セチリジンはヒスタミン薬の副作用を抑えた抗ヒスタミン薬として開発され、副作用の心配なく服用できるお薬です。

セチリジンは人間に治験した所、妊婦さんでも服用できる結果です。
妊婦さん及び胎児にも有害な症状は報告されておらず、安心して服用できるお薬です。
セチリジンの添付文書には妊婦さんまたは妊娠の可能性のある婦人に対して「治療上の有益性が危険を上回ると判断される場合にのみ服用」と明記されています。
この添付文書によると、アレルギー症状がひどくてどうしようもない状態の時のみ服用して下さいという内容です。

病院に行く時間がない妊婦は市販薬

妊婦さんにとって通院は一苦労です。
夫の送迎があればよいですが、それでも病院に行く事は風邪を移されるリスクもあるので避けたいと考える方は多いです。
また病院は平日が多く、土日は午前のみか休みの場合があり、夫の休みと重なる場合が多いです。

病院に行く時間がない場合や、通院ができない場合は妊婦さんには市販薬で対処する選択肢も良いです。

セチリジンは妊婦さんでも服用は条件付きで可能です。
市販薬にもセチリジンといった有効成分を含むお薬は多いです。
市販薬は薬事法により、ネットでの注文は禁止されています。
ドラッグストア等に行く必要はありますが、逆にその方が安心と言えます。
ドラッグストアには薬剤師が常勤していますので現在妊娠中である事を伝えると、適しているお薬を提案してくれます。
また、服薬においての注意点の説明や指導を受ける事もできます。

セチリジンは検査結果により、搾乳して授乳している方にも安全と報告されています。
しかし市販薬はセチリジンのみの成分ではありません。
様々な有効成分が含まれています。
妊婦さんも搾乳して授乳している方も、セチリジン以外の有効成分の説明を受けるのは大きなメリットがあります。

病院の薬は第一種医薬品であり、市販のお薬は大概が第二種医薬品です。
効果は病院の薬の方が高いですが、その分副作用は緩和されます。
安心して服薬する為に、お薬の専門家に相談して選択する事が必要です。