冬から春にあると徐々に暖かくなりますが、気温差にやられて風邪を引く人も増えます。季節的に花粉症も流行して、自分の症状が花粉症なのか風邪なのかわからないときがあります。そんな時でも簡単に見分ける方法を解説します。

  • ホーム
  • 病院の花粉症の処方薬とお酒の相性の悪さ

病院の花粉症の処方薬とお酒の相性の悪さ

くしゃみをする女性

症状の重い花粉症を抑制させるため、薬剤を服用しているのにも関わらず、加えて集中力が低下したり眠気に悩まされてしまうという方は多いものです。
そこで、病院から処方された薬によって眠気を感じたり集中力が低下するということに悩まされる理由を理解しておくことが求められます。
このように、眠気が起こり集中力が低下するということは、病院から処方される薬の中に眠くなってしまう副作用があることが関係しています。

抗ヒスタミン剤が関係しているのですが、抗ヒスタミン剤というのは、アレルギー性の疾患の症状を良好にさせる際に最も用いられるものです。
市販薬においても抗ヒスタミン剤がほぼ全ての商品に用いられていると理解して問題ありません。
そもそも、ヒスタミンというのはアレルギー症状を引き起こしてしまう化学伝達物質のことを指し、こうしたアレルギー症状を引き起こすことを予防することができるのが抗ヒスタミン剤ということになります。
根本的な解決がしやすいのですが、副作用があるということに対して気をつけておく必要があります。

それは、脳を活性化させてしまう可能性があるということです。
脳が活性化すると耳にした場合、一般的には良い作用であるように感じられてしまうことがありますが、高血圧を招いてしまう恐れがあるのです。
しかも、活性化することにより血の巡りが良好になるため、本来よりも多くの薬剤が体内に巡ってしまうことから、効果が現れすぎてしまう恐れもあります。
当然、一般的な薬剤と同じくお酒と一緒に服用するということは絶対に避けなければなりません。
お酒によって血流が良好になっているところに薬剤が投与されると、効能が現れすぎてしまいます。