冬から春にあると徐々に暖かくなりますが、気温差にやられて風邪を引く人も増えます。季節的に花粉症も流行して、自分の症状が花粉症なのか風邪なのかわからないときがあります。そんな時でも簡単に見分ける方法を解説します。

稲が起因の花粉症は悪夢

春先から街中にはマスク姿の人々が増え始め、花粉症の時期が到来したことを認識することができますが、梅雨に入った頃にはマスク姿の人もあまり見かけなくなるものです。
しかし、時折飛散時期を過ぎたのにも関わらず、春先同様にマスクを着用している方が見受けられます。
風邪のウイルスも浮遊し難い時期であるため、マスクを使用する理由がわからないという方も多いのですが、実は花粉症対策として使用しているのです。

既に花粉の飛散は終了しているのにも関わらず、花粉症に悩まされているという実態が理解できないという方が多いです。
稲が原因となる花粉症があるということを理解すれば、春先同様の対策を行う必要性を理解することができるでしょう。
稲のみに身体が反応してしまう場合や、通常の花粉にのみ反応してしまう方は、恵まれていると言えるでしょう。
その理由は、辛い症状に見舞われたとしても一時的に対策を行い、薬などを服用すれば良いためです。

ところが、通常の花粉に加えて稲にも反応してしまい、不調に見舞われてしまう方の場合は、春先から秋の稲刈りの頃まで悩まされ続けることになるのです。
つまり、良好な体調で過ごすことができるのは、1年間で冬のみということになります。
近年では、冬に防寒対策としてマスクを利用する方も増えてきているため、外出時には1年中着け続ける必要がある可能性も捨て切れません。
つまり、植物のみならず稲の花粉症も持ち合わせている場合は、悪夢と言っても過言ではないと言えるでしょう。
稲は重症化すると吐き気や目眩、蕁麻疹などが引き起こされる可能性があり、一般的な花粉症よりも危険な状態に陥りやすいです。
そのため、稲がある環境には近づかないといった対策が重要になると言えるでしょう。

眠気が少ないクラリチンで飛散前から予防をしましょう

クラリチンを花粉症発症2週間ほど前に飲んでおくと予防効果が期待できます。
花粉症の薬と言えば眠気がつきものです。
車の運転をする予定があったり、テスト期間中だと眠くなるわけにもいかないと思います。
クラリチンは眠気が出づらく効果が長く持続するため予防に適しています。
花粉も稲にも花粉症の症状が出る人は花粉飛散前にクラリチンを購入しておくといいかもしれません。
ネット総合病院という通販サイトでクラリチンが買える上にまとめ買いすると病院で処方してもらうよりも手軽に購入することができます。
予防で服用する場合、花粉が落ち着くまで飲み続ける必要があるためシーズン1ヶ月前にまとめ買いするのがいいかもしれません。