冬から春にあると徐々に暖かくなりますが、気温差にやられて風邪を引く人も増えます。季節的に花粉症も流行して、自分の症状が花粉症なのか風邪なのかわからないときがあります。そんな時でも簡単に見分ける方法を解説します。

  • ホーム
  • 花粉症対策にはもやしと牛肉

花粉症対策にはもやしと牛肉

せきが出る女性

あまり知られていない事実ですが、実は食べ物の中には花粉症を予防するために有効なものが多々あります。
根本的に花粉症に負けることがない体づくりを講じるためには、免疫力を向上させて体質を改善させることが可能な栄養を得る必要性があるのです。

そこで、念頭に置いておくべきことはあらゆる栄養素を得られるように、バランスが保たれている食事を心がけるということです。
栄養バランスが乱れた食生活を続けていると、自律神経系に乱れが生じてしまい、正しく免疫機能が動かなくなり、結果的には花粉症が悪化することになります。
栄養バランスを保つということを考えつつ、意識的に摂取することにより花粉症の対策ができる食材は多々あります。
肉を食べる時は、できるだけ牛肉を選んで調理を行うことが好ましいと言われています。
他の肉では、花粉症が悪化してしまう恐れが高いため、牛肉に絞って使用しましょう。

バランスの良い食事を考えた場合、当然野菜も摂取する必要性がありますが、野菜を口にする場合はもやしが好ましいです。
もやしには多くの水分が含まれているので、含まれている水分により花粉症が軽くなると言われているのです。

このように好ましい食材があるということは、当然控えるべきものもあります。
それは、洋食を中心とした高タンパクで高カロリーな食事です。
年々花粉症の患者が増えているのは、日本人の食生活が欧米化しているということが関係していると言われているのです。
タンパク質というのは、免疫機能を高めるためには不可欠な栄養素ではあるものの、過剰摂取することにより免疫機能が過剰に作用してしまうため、症状が悪化してしまう原因になるのです。
つまり、和食中心で考えるということが前提になります。