冬から春にあると徐々に暖かくなりますが、気温差にやられて風邪を引く人も増えます。季節的に花粉症も流行して、自分の症状が花粉症なのか風邪なのかわからないときがあります。そんな時でも簡単に見分ける方法を解説します。

  • ホーム
  • 風邪の症状と思っている?花粉症の症状

風邪の症状と思っている?花粉症の症状

花粉のスプーン

鼻に異常が出たりくしゃみが出るといった症状が出ると、大抵は風邪の引きはじめだあると認知することが多いです。
しかし風邪だと思って風邪薬を飲んでも、その症状が全く快方に向かわないときには別の要因が隠れていることが多いです。
その要因の一つとして考えられる症状が、風の菌ではなく草木が次世代に命をつなぐために拡散させる花粉が原因で起こる花粉症である場合があります。
花粉症は草木が出す花粉が体の中に入ると、その入ってきた花粉が有害物質であると脳が認知して抗体を出すことによって体に様々な影響を与えます。
その症状は鼻水やくしゃみが出るなど風邪に良く似た症状が出ますが、ただ実際に花粉症と風邪では明確に違いがあるのです。

鼻水は両方出ることに変わりないですが、花粉症の場合炎症の進行度が遅いので比較的サラサラした水っぽい鼻水がでることが多いです。
風邪の場合ではウィルスの増殖が速いのでサラサラした水っぽい鼻水から早急に粘着性の強い鼻水に変わります。

そしてくしゃみも同様にどちらもでますが、花粉症の場合は常に花粉が鼻の粘膜にひっついているので何度も連続して出てしまいます。
風邪の場合は一度くしゃみを出すと鼻の中のウィルスが外に出るので断続的に出ることはないです。

さらに双方での明確な違いとしてあるのが鼻詰まりと涙だと言えます。
先に言ったとおりに断続的に引っ付いてしまう花粉の場合は、その炎症が継続して続くので鼻詰まりが両方詰まってしまうことがありますが風邪は断続的に引っ付いているわけではないので鼻が詰まっても片方だけで済むことが多いです。
そして花粉は鼻だけでなく眼にも付着して炎症を起こすので花粉を洗い流すために涙を出しますが、風邪は鼻の粘膜にくっつきますが眼の粘膜は涙で覆われているためくっつかないので涙自体が出ないです。
このように明確な違いが分かっていれば対処できます。